携帯大手三社のコメントを発表!それぞれの料金プランとは?

スポンサーリンク

携帯大手のdocomoが4月15日に新料金プランを発表するにあたり、三本柱の他の二社であるSoftBankとauもコメントをあげました。

 

このdocomoとSoftBank、auといえば現在の日本の携帯業界を支える大手三社ですよね。

 

そこで今回は、docomoが新しく打ち出したプランをまとめるとともに、他の二社の現在のプランについてもまとめていきたいと思います。

ドコモの新料金プランは?

NTTドコモは、2018年10月の時点で料金プランを大幅に値下げすると言うことについて、異例の予告をしていました。

 

この値下げについては、かねてから問題視されていた携帯の基本料金の高騰と価格の硬直化などが理由となっており、docomoが一抜けで価格の引き下げに取り掛かったのです。

 

基本料金の下げ幅は、20パーセントから40パーセントと大幅であり、機種やプランなどによっても下げ幅は変わりますがかなりら大幅な値下げをすることに変わりはないようですね。

 

今回のdocomoの新料金プランはギガホやギガライトなど、大きなギガバイトを使うユーザーにとってかなりメリットが大きなプランとなりました。

スポンサーリンク

SoftBank、auは?

docomoが発表した安価な新料金プランを受けて、大手三社の二本柱であるSoftBankとauは以下のようにコメントをあげました。

 

au“仕掛けてくるようなら対応する”

 

SoftBank“すでに4割の値下げを実質は行なっている”

 

コメントについてもそれぞれが異なる様子でしたね。

 

さらに、auでも現在利用している1300万人以上ものユーザーに喜んでもらえるようなプランの検討を考えているとコメントをしていました。

 

SoftBankについても、ワイモバイルなどの格安携帯のシステムを導入すらことで、現在よりも使いやすい携帯プランの提案を進めていくことに決めています。

 

docomoのプランについては、SoftBankやauも対抗策を練っていることを明らかにしました。

まとめ

以上がdocomoが打ち出した診療感プランについての他の二社からのコメントでした。

 

私たち消費者からすると、携帯料金が下がることについてはありがたいばかりですが、あとは携帯サービスの質が下がらないこと、信頼度も下がらないことを大切にしながら価格の競争をしていっていただきたいところですね。

 

今後は、より一層のサービスの向上と価格の安定化に期待が高まります。

スポンサーリンク
関連コンテンツ