JYJユチョン訴えた女性が告訴取り下げ!理由は?

スポンサーリンク

現在、元恋人関連で覚せい剤の使用が疑われており、家宅捜索を受けたパク・ユチョンさんの過去に起こしたトラブルの進展があったことが発覚しました。

 

ユチョンさんが過去に起こしたのは、20代女性に対する性的暴行問題。

 

15日に、被害女性の方が告訴を取り下げたことが明らかになりました。

 

果たしてその経緯とはどのようなものなのでしょうか?

 

ここでは、被害女性の告訴取り下げの経緯とともに、トラブルについての概要も説明でしていきたいと思います。

性的暴行の経緯とは?

ユチョンさんが訴えられていたのは、4日に江南区にある風俗営業店の一角のトイレにて、ユチョンさんが女性に対して暴行をしたと主張している件についてです。

 

暴行を受けたと訴える女性は、ユチョンさんに襲われたという日につけていた下着などを証拠品として提出しており、訴えを起こしたのです。

 

この時、被害女性はユチョンさんに無理やり体を押さえつけられるなどして、暴行を受けたと語っていました。

 

そして、未明に受けた暴行をその日のうちに警察に被害届を出し、ユチョンさんに対する聞き取り調査などが進められる形となりました。

 

ユチョンさん側の意見は真っ向から反論しており、女性からの訴えとは堂々と戦う姿勢を示している状態でした。

スポンサーリンク

なぜ告訴取り下げをしたの?

ユチョンさんと被害女性は真っ向から対立しており戦う姿勢を見せていたはずなのが…

 

14日夜、被害女性の供述は一転して“ユチョンさんとの性的行為については強制ではなかった”との供述をしたのです。

 

つまり、性的暴行ではなく性行為。

 

同意の上での行為だったというように、供述を180度変えたのです。

 

この女性の訴えの取り下げについて15日、ユチョンさんの事務所はユチョンさんの暴行はなかったことを強く主張した上で、今後のマスコミ対応などを考える方針を発表しました。

 

訴えが起こってから取り下げになるまでの数日間、現地メディアでは度々テレビでユチョンさんが犯罪者なのように取り上げられる報道が繰り返されており、ユチョンさん側から逆に名誉毀損などで訴えられる可能性もあると考えられます。

まとめ

以上が、元東方神起で現在はJYJとして活躍するユチョンさんが起こしていたトラブルについての情報でした。

 

本当にしていないことであれば、名誉毀損で訴えたい気持ちもわかりますが、これ以上嫌な話題を広げたくないためには、理解してくれる周囲を味方につけてこのまま引き下がるのも1つの手段かもしれませんね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ