暴力団組長刺される!犯人は男か?

スポンサーリンク

18日午前0時を回った頃、神戸市中央区筒井町の商店街にて、男性が刺されたとの通報が入りました。

 

通報したのは男性と一緒にいた女性。

 

刺されたのはなんと暴力団組長の与則和組長だというから、警察も驚きをあらわにしました。

 

果たして、犯人の目的は与則和組長自身だったのでしょうか?

 

それとも刺すならだれでもよく、たまたま組長だったのでしょうか?

 

今回は、この事件の詳細や現在までの捜査の状況などについてまとめていきたいと思います。

事件の概要は?

時間は18日0時5分頃に発生しました。

 

神戸市中央区筒井町の商店街の路上にて、指定暴力団神戸山口組傘下組織の与則和組長が男とみられる犯人に刺されて重症を負ったものとされています。

 

刺されたのは肩や尻など数カ所で、重症であるものの病院に運ばれた結果、命に別状はないと判断されたために組団員たちは安堵の表情を浮かべました。

 

与則和組長は、女性とともに飲食店で食事をしたのち、店を出て2人で歩いているところを背後から刺されたとみられています。

スポンサーリンク

 

目撃者も複数いたのですが、犯人は計画的な犯行だったこともありかなり用意周到に逃げ道を確保しており、また、刃物を所持していたことからも周囲の人が止まることはできなかったようです。

捜査状況は?

現行犯逮捕とはなりませんでしたが、複数の目撃者の証言により、犯人は男性らしき人だったということが明らかになっています。

 

与則和組長を刺したのは1人。

 

しかし、容疑者は手早に車に乗り込んで逃走したということで、もしかすると運転手がいた可能性も視野に入っています。

 

共犯者の可能性も見て、警察では捜査を進めています。

 

一緒にいた女性には怪我がなく、警察では主に暴力団トラブルの可能性が高いと見て捜査をしています。

 

また、可能性は低いですが突発的に無差別に犯行に及んだ結果、相手が与則和組長だった可能性もあると見て、幅広い観点から捜査を進めているようですね。

 

暴力団関係者の抗争である可能性が高いようですが、いずれにせよ一般人が多く通る道での今回の事件となりましたので、犯人が捕まるまでは周辺住人も気が気ではないでしょう。

まとめ

以上が、18日夜中に発生した暴力団組長の刺傷事件についての情報でした。

 

周辺住人が1日でも早く安心して過ごせるようになるためにも、警察には少しでも早い犯人の確定、逮捕に全力を尽くしていただきたいところですね。

 

また、一緒にいた女性の心のケアについても考えていってほしいですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ