電気グルーブ解散否定!?『するかよバーカ!』に周囲騒然

2019年10月28日

スポンサーリンク

コカイン使用の罪で逮捕され、先日保釈されたピエール瀧被告の相方であり、今回の件でかなり注目を浴びた石野卓球さんが、報道陣に囲まれた際に驚きの発言をしました。

 

石野卓球さんといえば、ピエール瀧被告の量刑が決まった際には『え?死刑じゃないの?』などと波紋をよぶツイートをしたりと注目を集めていましたが、今回はより一層、話題をよぶ発言をしたのです。

 

果たしてカメラに囲まれた石野卓球さんは何を語ったのでしょうか?

石野卓球さんが語った言葉とは?

17日、電気グルーブの石野卓球さんがDJとしてイベントに参加しました。

 

3月12日にコカイン使用の疑いで逮捕され、その後使用が発覚。

 

4日にやっと保釈されることとなったピエール瀧被告については、これまではっきりとした会見などは行っておらず、石野卓球さんのツイッターにて意味深発言を繰り返してきました。

 

そんな石野卓球さんに直接質問をすることができる場ということもあり、イベントには多くの報道陣が集まりました。

 

ピエール瀧被告との電気グルーブの解散について問われた石野卓球さんから驚きの言葉が…

 

『するかよ、バーカ』

 

半笑いで報道陣に毒づいた石野卓球さん。

スポンサーリンク

 

通常なら炎上してもおかしくないような発言ですが、ファンはもちろんのこと石野卓球さんをご存知の方ならわかるように、これは毒づく口調ながらも心が温かい方です。

 

真剣な面持ちで報道陣の前に立つことが、ピエール瀧被告にとって辛い思いになる可能性もあること、また、ファンを暗い気持ちにさせてしまうことなどに配慮しての対応だと思われます。

 

ともかく、ピエール瀧被告の逮捕からほぼ初めて、石野卓球さんが公的に発した発言ということもあり、報道陣はコメントをもらえたことに感謝しながらも予想以上の気迫に驚きを隠せない表情でしたね。

ピエール瀧被告と会話は?

また、このイベントで報道陣から「ピエール瀧被告とはどのような話をしたのか」という質問が飛んだ際、石野卓球さんはニヤリと笑って『エロい話』とふざけて見せたと言います。

 

そして右の拳を高く上げて見せたのですが、これはガッツポーズではなく謝罪のポーズだと表現しました。

まとめ

以上がピエール瀧被告の逮捕後、公的な場に初めて立って報道陣の質問に答えた石野卓球さんのコメントについてでした。

 

彼の明るい性格だからこそ、ピエール瀧被告はこれまでも一緒に活動をしてきたのでしょうし、これからもピエール瀧被告の社会復帰には強い手助けになってくれそうですね。

スポンサーリンク
関連コンテンツ